一人旅、二人旅。アジア、アメリカ、ヨーロッパ。

旅に出よう!

fumisan-bujikaeruの記事

ブラームス

ヴィースバーデンでブラームスが訪れたレストラン・Beau Site|ブラームスをたどる旅

1883年、ブラームスはヴィースバーデンでひと夏を過ごし、交響曲第3番を作曲しました。 この滞在期間中に訪れたとされる、Beau Siteというレストランをご紹介します。 Beau Siteの所在地 ...

ブラームスのプレート

ブラームス

ヴィースバーデンでブラームスが滞在した家|ブラームスをたどる旅

1883年5月、ブラームスは旅先で50歳のお誕生日を迎えた後に、リューデスハイムに住むベッケラート家に寄ってから、ヴィースバーデンへ移動。ここでひと夏を過ごし、交響曲第3番を作曲しました。 ブラームス ...

ヴィースバーデンのマルクト広場

ブラームス

ヴィースバーデン:交響曲第3番作曲&演奏|ブラームスをたどる旅

1883年の夏、ブラームスはヴィースバーデンで過ごしました。 ライン河に面した美しい保養地での休暇中に作曲された交響曲第3番は、音楽史上においても重要な作品となります。 交響曲第3番、またの名を「ヴィ ...

ブラームス野の寂寥のイメージ画像、青い空と緑の草原

ブラームス

ブラームス歌曲 Feldeinsamkeit 野の寂寥 Op.86-2

2019/6/8  

  基本事項 1882年初版『6つの詩』Op.86の2番目 詩:1879年?ヘルマン・アルメルス(アルマース?)Hermann Ludwig Allmers(1821-1902) 低声独唱と ...

ブラームスのご先祖様の出身地ハノーファーのイメージ画像

ブラームス

ハノーファーでの友情あふれる日々|ブラームスをたどる旅

2019/6/5    

シューマンと出会い、自作品の楽譜出版を果たしたブラームスは、それをハンブルクの家族に報告した後、1854年の年明け早々ハノーファーに住まいを求めました。 《超簡略版》ハノーファーの地理・歴史と見どころ ...

ライプツィヒ・ゲヴァントハウス

ブラームス

ライプツィヒで楽譜を出版、人脈拡大、演奏|ブラームスをたどる旅

2019/5/28    

自作品の楽譜を出版するためブラームスはライプツィヒを訪れます。シューマンやヨアヒムらが紹介してくれる人々とご縁をつなぎ、無事出版へとこぎつけ、ゲヴァントハウスの演奏会でも演奏し、というブラームスのライプツィヒでの日々をたどります。

デュッセルドルフのシューマンハウス外観

ブラームス

デュッセルドルフでシューマンと運命の出会い|ブラームスをたどる旅

シューマンハウスを訪問した際の写真も交えて、ブラームスのデュッセルドルフ初滞在についてまとめました。1953年9月、ブラームスはデュッセルドルフのシューマン宅にてようやくシューマンに初めて会い、11月初旬までデュッセルドルフに滞在しました。

ブラームスが20歳の夏を過ごしたゲッティンゲンのイメージ画像

ブラームス

歴史ある大学町ゲッティンゲン ―教養と人脈を広げた1853年、ブラームス20歳の夏

2019/5/15    

名門ゲッティンゲン大学を擁する歴史ある町ゲッティンゲンと20歳のブラームスについて。ヴァイマールでリストを訪問し、レメーニと決別、ゲッティンゲンのヨアヒムのもとで過ごした充実の日々。ブラームスにまつわる見どころなどをまとめました。

ハンブルク中央駅外観

ブラームス

ブラームスの生まれ故郷・ハンブルク|ブラームスをたどる旅

2019/5/13    

ハンブルクは、ドイツ最大の港湾都市。 ドイツの国土の中ではかなり北のほうにあります。 この記事では、ハンブルクの基本情報の他、ブラームスが関係するハンブルクでの出来事を記します。 《超簡略版》ハンブル ...

ヴィンゼンの地図

ブラームス

ヴィンゼン ―若き日のブラームスが過ごした場所|ブラームスをたどる旅

2019/5/8    

夜の労働で疲れてしまったブラームス少年を癒し、1848年以降の目覚ましい音楽活動のエネルギーを培ったのであろう特別な場所、ヴィンゼンについての記事です。 ブラームスが若き日に度々訪れたヴィンゼンでは、 ...

Copyright© 旅に出よう! , 2020 All Rights Reserved.