一人旅、二人旅。アジア、アメリカ、ヨーロッパ。

旅に出よう!

プロフィール

生きている間に行きたい100の場所

投稿日:2019年4月30日 更新日:

旅行に持っていく荷物のリストのイメージ画像

平成最後の日。

死ぬまでに行きたい場所をざっくりピックアップしました。

ヨーロッパ

オーストリア

ウィーンに行ったことはあるけど、何回でも行きたい。

ペルチャハ

ザルツブルク

ドイツ

14都市周遊の旅はしたけれど、何回でも行きたい。

イタリア

デンマーク

フィンランド

スウェーデン

ベルギー

スイス

リヒテンシュタイン

スペイン

イギリス

ギリシア

フランス

 

西アジア

アゼルバイジャン

トルコ

イスラエル

サウジアラビア

南アジア

インド

スリランカ

東南アジア

ミャンマー

ベトナム

カンボジア

ラオス

タイ

東アジア

中国

韓国

2回行ったことあるけど何回でも行きたい。

日本

北海道

稚内、網走、釧路、礼文島

青森

青森市、特に棟方志功記念館

秋田

富山

その他たくさん

小笠原

20年前に行ったときすごくよかった。
もう一回行きたい。

南の方

種子島、屋久島、石垣島

アフリカ

モロッコ

チュニジア

エジプト

ナミビア

マダガスカル

ケニア

アメリカ

アラスカ

メキシコ

キューバ

ブラジル

ボリビア

パラグアイ

ぺルー

アルゼンチン

チリ

イースター島

 

オセアニア

パラオ

極地

南極

北極

旅するように暮らしたい

定年退職後は1年毎等に住処を変えて、色々なところに住んでみる。

その引越の途中で、興味を持った場所に数週間滞在する。数日の旅よりも、観光よりも、その土地を知ることができるように。

配偶者と散歩しながらそんな妄想を繰り広げています。

家に帰ると配偶者は急に現実的になって、今住んでいる場所に住み続けて、1年の間に1ヶ月くらい旅できればいいと言い出すのですが。

-プロフィール

Copyright© 旅に出よう! , 2020 All Rights Reserved.